私たちはあなたの症状が良くなるように、さまざまな技法を組み込み、多面的な試みをします。

そしてその土台にある基となる思考は、「人は元々持っている自然治癒力が、いつも治ろうとしている」というものです。

例として転んで膝が傷ついたとしても、時間とともにカサブタができ、治癒していきます。

これは人間が備える自然治癒力の力ですが、外から見えない体内でも、同様に持続的に体は治癒しようとしているのです。

なので、ガンなどのように進行するもの、生まれもっての先天的なもの、ウイルスによるもの以外は、あなたの悩んでいるほとんどの疾患は、大体時間の経過とともに治癒するはずです。

それなのに、肩のこりや腰の痛み、外反母趾などは、どうして長い間治癒せずに慢性化してしまうのでしょうか?

これはさっきの自然治癒力の目線からお話すると、できたばかりのカサブタをすぐに取ってしまうような「治癒しようとする働きよりも、日常的に傷めた部位に負荷をかける行動をしている」と考えられます。

例えば高血圧の治療に、薬は服用しているのに塩分が高いものばかり摂取している、といったことがそうです。

つまり肩のこりや腰の痛みのように体外の症状で考えると、「体に負荷が大きい立ち姿勢や歩行のような、良くない生活スタイルを継続している」状態なのです。

ここまで聞くと、「なるほど!」と納得される方もいますが、そうではない方々は「え、普段から背筋を伸ばすように意識しているよ!」と思う方もいらっしゃいます。

そういった方々に思って欲しいことは「正しい姿勢や歩行は、ちゃんと指導してもらった経験があるのかどうか」です。

まず正しい姿勢・歩行方法がわからなければ、合わせようがないですよね。

そうなのです。ここまで聞くとほとんどの方は、正しい姿勢や歩行方法を指導してもらったことはなく、ウェブやTVでみたこと、または自分が良いと思った、かなりあやふやな知識を頼りにしていたことを自覚するのです。

ウェブの見解のほとんどは情報源がわからないような、いいかげんな見解が多数あります。

TVもそうですが、広告主の意向で左右されるなど、正しいことばかりとは限りません。

そういったことで、仮に自分が信じていた姿勢や歩行方法が負担のかかる方法だった場合。

どれだけ体の治癒力が働いても、日々の悪い習慣のせいで元に戻ってしまって、一向に抜け出せません。これにより不調が慢性化してしまうのです。

これがいつまで経っても治らない疾患のもとなのです。

特に歩行方法は、多くの方が指導してもらうチャンスがないものです。

指導してくれる場所が存在しても、都会にあるような美を追求した、モデルのような歩き方を指導してくれるところくらいです。

ですので膝の痛みや外反母趾、脚の症状で長期間に悩まれている方は沢山いらっしゃいます。

もうご理解頂けたかと思いますが、もしあなたが脚のさまざまな疾患の根本改善をしたいなら、歩行方法といった日常習慣の課題を解決することが必須です。

私たちは足の先端医療のアメリカの足病医学、生体構造力学をベースに、人体に負荷が軽い、理論的な歩行方法を分析。身につけやすい指導方法など、獲得することに。

このように私たちの改善に至るまでの計画は、今を良くするための「整体」と、整体で良くした状態をキープし元に戻らないための、歩行をベースとした「生活習慣へのアドバイス」を基礎に、“再発しないよう根本から良くなる整体院”として、不調にお悩みの方が治癒されるようご支援しています。